×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ここは……



20160311

年の瀬に世間を包んでいた浮かれ気分のようなものはどこへやら、今この世界には、年度末という現実に現実を厳重に重ねたリアルという現実味の権化みたいな終わりそのもの的シーズンがやってきている。

クリスマスシーズンからバレンタインデーまで、俺の人生というStoryの主人公たる俺自身は作中初となる手術やら何やらで肉体並びに精神及び金銭的な面から見ても、どっからどう見てもズタボロで、このStoryのヒロインと運命的出会いをする事もなく、ただ死に体で、しかし確かに生きている。

生きてるだけで丸ハゲって明石家さんまも言ってた。言われてたぞ。ええんかお前ら。言ってたし、まぁ死にたくなったら何かをする。何かをしていたら、同時に生きている。何を言ってるのか分からん風になってしまったけど、そういうこと。

少し気分転換が必要かなと感じたので、色々とざっくり変えてみようかと思い、もういっそのこと全て削ぎ落としてやった方が良いだろうと結論付けた。思い付きがこれといった考慮もなく豆腐に刃を入れるぐらいスェウッ……と通った瞬間だった。この例えとても分かりやすいね?

結局のところ、俺という人間はゲームでもチュートリアルから少し後ぐらいまでを繰り返し繰り返しプレイしてはヨダレを垂らすぐらいの“初期好き”で、歩いた跡に積まれていくものを邪魔だと感じるのかもしれない。

そうすると、俺なんかは賽の河原とかに永久就職するのも悪く無い話ではないかな。まぁ、怖いものなしと言うこと。そういうこと。